光洋 KOYO

排泄ケア お役立ち情報

紙おむつQ&A

■紙おむつの使い方

このページの内容はPDFでもご覧いただくことができます。プリントアウトしてご活用ください。

Get Adobe Reader

※このコンテンツはPDFファイルを使用しており、ご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader
(アドビ アクロバットリーダー)が必要です。 Adobe Acrobat Readerダウンロードページへ

パンツタイプを使うコツ

  1. 使用前に一度、おむつのお腹周りを前後に伸ばします。
    伸ばすことで伸縮しやすくなり、履き心地が良くなります。

  2. 捨てる時は横のつなぎ目を下側からやぶいて捨てることができます。


テープタイプを使うコツ

  1. おむつのシワを伸ばしながら広げます。その際、吸収部分の片寄を防ぐ為、
    おむつをバサッと振らないように注意しましょう。

  2. 大きなパッドを併用する時は、無理にテープタイプの立体ギャザー内に
    入れるのではなく、テープタイプの上にパッドを乗せるだけで良いです。
    パッドの立体ギャザーを活用して漏れをふせぎましょう

  3. 体型に合わせてテープを
    止める向きを調整しましょう。

ベルトタイプを使うコツ

  1. ベルト部分をウエストのラインに合わせて巻きつけます。
    お腹まわりのラインに合わせて斜め下に向けて止めます。

  2. 細い製品になりますので、左右にずれていないようにあてます。

▲ページのTOPへ戻る

尿取りパッドを使うコツ

  1. 尿の吸収部分の片寄を防ぐ為、バサッと振らないようにパッドを広げます。

  2. 両端の立体ギャザーが立ち上がっていることを確認し、立っていなければ立体ギャザー部分に
    指を通して立たせます。

  3. ひょうたん型パッドの場合は、一番細くなっている部分を股の
    あたる部分とし、尿が流れやすい側に広い側を合わせましょう。

  4. 紙おむつをあてる位置は、足の付け根(矢印部分)です。
    (ブリーフ型の下着があたる位置と紙おむつがあたる位置は
    同じです)

  5. パッドの面は山折り・
    谷折りを使い分けま
    しょう。



▲ページのTOPへ戻る

※補助パッド(さらさらスリム)を使うコツパッドやテープタイプに重ねて使用する補助パッドです。

さらさらスリムは吸収量を増やす目的の補助パッドです。
尿は一部補助パッドに吸収し、一部は併用しているパッドに吸収されます。すき間漏れ対策などに役立ちます。
製品の詳細はこちらから

  1. ① 吸収量をふやす
  2. ② 女性 伝いモレ防止
  3. ③ 男性 伝いモレ防止
  4. ④ 男性 伝いモレ防止
  5. ⑤ 便の背もれ対策

▲ページのTOPへ戻る

【パッドの外に漏れてしまった時】

漏れた状況を確認し、次回漏らさないように対応しましょう。使用していたパッドのお尻側の面がぎっしり端まで吸収している状況でさらに漏れているようなら、パッドの吸収量が足りていない事が考えられます。

また、漏れないようにさらさらスリムのような補助パッド以外に、パッドを何枚も重ねているケースがありますが、これは間違いです。重ねても漏れは防げませんし、肌にも悪影響を与えます。この対策として、使用するパッドを高吸収なものにしましょう。

また、パッドはまだ乾いている部分がたくさんあるのに脇から漏れている、または足回りから漏れている場合は、すき間が原因で漏れている可能性があります。対応として、おむつを装着する時に、しっかりと足の付け根(ソケイ部のあたり)までおむつが当たっているかを確認しましょう。


その他、おむつのタイプやサイズが合っていない事でもすき間が生じるので、その辺りも確認をします。パッドは過剰に大きい吸収量のものを使っても、履き心地の低下や過剰なコストがかかってしまうので、大き過ぎず小さ過ぎないサイズを選ぶことが大切です。
※重ねていたパッドを取ると濡れていない部分ができます。

▲ページのTOPへ戻る